7つの習慣①の2

「7つの習慣とは」より、「幸福とは最終的に欲しい結果を手に入れるために、今すぐ欲しい結果を犠牲にすることによって得る果実に他ならない」

もし将来欲しい結果を得たいのならば、今、犠牲にしなければいけないことを明確にしよう。代償を先に払わなければ、成果を得ることもできない。

どういうことかお判りいただけましたか?たとえばですね。井山雅章という人間が、経理記帳、経理コンサルで事業を再構築して行きたいと考えたとします。さらにこのことを認知してもらうために、ブログやFBを毎日(土日を除く)書くために1時間ぐらい時間を割くことを始めたとします。

この書き込みは今のところ毎日夜にしています。この一時間は今までは椅子でくつろいで寝てしまったり、メールやラインのチェックや返信に没頭していたんです。つまりもったいないということなんです。軽視するわけではないですよ。それにかける時間を10分ぐらいに短縮してしまいました。

これで50分が捻出できました。この時間を使って、今日の記事を考えたり、書き込みしたり、文章を推敲(すいこう)したりしています。メール・ラインの楽しい時間をなるべく短縮して、将来の欲しい結果を得るために井山雅章という人間の人となりをわかって欲しいと思って記事を書くことにしました。

つまり、今を犠牲にして、将来の夢の実現のために頑張っています。なんとなく、師匠のアドバイスに従って行動してますが、ちゃんと「7つの習慣」にも書いてあることなんです。この本はすごいですよね。なんとしてでも読破するのもわたしの目標です。

後30分程で、今日も終わりです。読書して寝る支度かなと。それではおやすみなさい。(この記事は昨日の深夜に書いています。)

追伸、イイネ、コメント、友達申請、大歓迎です。よろしくお願いします。

Follow me!

前の記事

7つの習慣①