下北沢の夕暮れどき

 

先日、外出して記帳代行のお客様のところへ打ち合わせに行ってきました。

いつもは、朝9時に訪問して10時ぐらいに終わって、また電車に飛び乗るのですが、いつもは閑散としているんです。今月は午前に他の予定が入りましたので、都合により初めてですが午後訪問で夕方帰宅となりました。

現在、井の頭線の下北沢駅は改装工事中で、ご覧のようになっております。写真は北側の改札を出たところです。待ち合わせをしている人たちや、ストリート・ミュージシャンの音楽を聴いている方で、ごった返ししています。

若者の町なので苦手な朝はヒッソリとしているのに、夕方にはこんなに活気があるとは本当に驚きました!!

じつは30代のときに、この下北沢勤務のときが3年程ございました。少しずつ開拓していこうとしましたが忙しくて叶わず、気がつけば対象外のおじさんになっていました。(笑)

さて、仕事の話にいたしますね。毎月訪問が弊社の原則ですので、まずは前月までの試算表をお届けして報告をいたします。そして、その後だいたい1ヵ月後の訪問日ぐらいまでの領収証や銀行預金の通帳のコピーをお預かりしています。

この方法は宅配の準備は面倒くさいという社長様には好評なんですよ。当時金融機関勤務時代も訪問することがサービスでしたので、独立後の仕事にも踏襲したんです。なかなか好評なので、やめられません。(笑)

そして、その後は質疑応答のお時間にして何でもOKですので、思うところをお話してもらいます。別に身構えることはなく自然体で行いますので、お気楽にご相談できる環境が整うとお話が涌いてくるものです。

今回は相続の質問が出てきて驚きました。路線価のお話が出ましたので路線価は公道の場合は路線価図を参照すれば出ていますが、私道の場合は仮の路線価を設定するようですよ。ということをお話いたしました。さらに具体的なことは税理士さんにとアドバイスもしましたよ。

ひところは相続税はサラリーマン世帯で一軒家のお宅には無縁の世界でしたが、今ではそうではなくなりましたよ。東京23区にお住まいで土地の面積が広めで、相続人の人数が少ないと、相続税がかかる?!ケースがでてくるようです。(具体的なシュミレーションは、税理士さんにお問合せを!!)自分の場合はどうなのか?気になるところですよね。

それでは、今日も記帳代行の仕事、仕事!!

Follow me!

前の記事

固定資産の売却

次の記事

渋谷の人気立ち食いそば