日曜日のお休みの過ごし方

昨日は日曜日のお休みでした。本当は都内に外出予定でしたが、体調を前日の土曜日の午後から崩してしまいました。

とても残念でしたが、仕方ありません。気を取り直して、今日はゆっくりと家で過ごすことに致しました。

大好きな簿記の勉強をまず先にしました。大学の授業で出会ってからのお付き合いです。かれこれもう、○○年になるでしょうか??振り返ると人生の多くの時間を過ごしているんですね。勉強時間は非常に少なくなってしまいましたが・・・・。(笑)

この簿記は今の仕事を選んだきっかけになりました。天職といえる記帳代行人の原点です。

その次は、最近(と言っても10年以上前からです)興味がある投資信託の勉強をしていました。今日は制度についての内容を読みましたが、運用についても今度調べておかないと・・・・。

日本はどんどん高齢化が進んで来ています。このことをご存知でない方はもういないでしょう。国民年金や厚生年金の公的年金だけで、老後の生活は万全でしょうか。そうは行かないとみなさんだれでも思いますよね。

そこで、自分でその不足分をカバーする自助努力をしないといけません。限られた可処分所得(自由に使用できる収入と考えてください)を運用するしかありませんよね。10年前にわたくしもそう思いました。

そこで登場する有力な運用候補なのですが、先ほどから登場しました投資信託なのです。じつは、自分で10年ぐらい前からなのですが、少額ずつ始めてみたんです。本当にいいものかどうか、目減りしないか不安でしたから・・・。

この投資信託を選んだのには理由があります。

  • 少額でコツコツと購入することができること。
  • 本業の仕事に専念できて、一喜一憂することが無いこと。
  • 店頭にイチイチ行かないで、自宅で運用ができること。

ざっと挙げると、上記になるでしょうか。

毎月無理のない金額で始められて、本業の記帳代行人の仕事に専念できてクヨクヨしないで、時間をかけず自宅で運用できる商品であること。

このすべての条件に当てはまっていたのが投資信託だったんです。実践の結果も申し分ありませんでしたよ。

では、今日はここらで、仕事、仕事と。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

前の記事

いよいよ開始。自己紹介。

次の記事

商品有高帳